FC2ブログ



2009/10/18

和歌山と淡路島の真ん中にある「友が島」へ行ってきました。
http://www.kada.jp/kankou/tomotoi.html

IMG_3181.jpg
加太港より。友が島に行きます!

IMG_3183.jpg
友が島来たよ!
大量の黄色い行者さんがホラ貝ぶーぶー言わせてるよ!なにごと?かっこいい!

IMG_3182.jpg
ふつーにお船に乗る行者さん。

IMG_3184.jpg
IMG_3185.jpg
第三砲台跡。
引用:島内には第二次世界大戦まで使用された六ヶ所の砲台跡があり、その中でも最大級の規模です。
どこがどういう風に使われたのかアナウンス無しで消化不良!

IMG_3186.jpg
推察するに、兵舎。一般兵世知辛い。
将校詰め所はきちんとした家屋でした。きちんとした家屋すぎて崩壊寸前というオチ。

IMG_3190.jpg
IMG_3189.jpg
IMG_3188.jpg
IMG_3187.jpg
地下。カメラのフラッシュで明るいけれど実際は漆黒の闇なところ、数にものを言わせてみんなで忍び込んでみる。一人でよういかん。こわいこわい!
武器庫だったらしい。たいへんにカビ臭い。

水井はここらでのんびり昼飯と雑談に興じるみなさんを捨て置いて、島内を探検すると宣言して一人離脱したのであった!

IMG_3191.jpg
IMG_3192.jpg
そいでもって旧海軍聴音所跡。潜水艦などの侵入を察知するために作られた施設だというが、黙視監視にしては名前が聴音所だし、聴音というわりに絶壁の上だし、一体ここで具体的に何をどうしていたのかこれもアナウンス無しで消化不良。
看板たてといてよー。

IMG_3193.jpg
IMG_3194.jpg
潮溜まりで生き物観察して魚をどう捕獲しようかと遊んでいたら、私が追いついた幹事のおっさんに捕獲された。

IMG_3195.jpg
蛇が池。
ここでレディース軍団がトイレに行列を作っている間、暇をしているおっさん軍団に「海辺にエビとかにと魚とヤドカリの大群がいましたぜ」と吹き込んだらでっかい少年達に戻って海に突進して行った上、右のでっかい岩に登ろうとし始めたのでレディース軍団に「じゃ、行ってきます」と伝言残して私はまた離脱!ははは!二度と来ない場所に悔い等残さないよ!協調性なんか知らないよ!(うちのサークルはこういう協調性のない行動に寛容である)

IMG_3197.jpg
現役の灯台
IMG_3198.jpg
IMG_3199.jpg
第二砲台跡。景色もよくて風情もあってすてき。でも劣化酷くて入れないんだ…さすが海側。
IMG_3201.jpg
瀬戸内とも日本海とも相模湾とも東京湾とも違うとても不思議できれいな色の海でした。
外国みたいにエメラルドのまだらなの。

IMG_3203.jpg
神の島の鳥居をなんとか撮影。ここがまた、何で神の島というのかとか何を祀っているのかとか何にもアナウンスがなくて…。
ちっちゃな離島です。

IMG_3202.jpg
で、私が単独行動をしていた理由「行者さんが行っていたとおぼしき「犬鳴山不動明王」を探せ!」ですが到達出来ました。
鳥居と祠?だけで建物は一切ナシ。でもこの看板から色々謎が解けてスッキリ!朝行者さんたちがたくさんいた理由もよーくわかりました。「毎年十月中旬」つまり、今日だったんだね!!
島内案内に記載してあるものの「だからそれは一体なに?」と謎そのものだった「あかいの碑」「かんねんくつ」「じょほんくつ」などなども修行場とわかりました。書いとけやー。

IMG_3206.jpg
船着き場の受付に小さく貼ってあったモノクロ(しかも失敗)コピーによると、干潮時にしか渡れない島の端の端(修行場があるところ)にオヅヌ様の像があるそうな。うーんちょっと見てみたかった。
私、うつのみこ世代だからな…。
修行場も見てみたかったです。残念。

IMG_3205.jpg
これも受付にそっと貼ってあった案内板。勉強になる!砲台と書いてある割にどこに大砲を置いていたのかとか全然案内なかったんだけど専守防衛ならなる程という感じ。
だからさ!こういうのはもっと大々的に書こうよ和歌山…!わかんないってば!!!